バイク用マフラーに消音効果を持たせるのは意外と簡単だった!

バイク用マフラーに消音効果を持たせたくてもなかなか方法が思いつかない?そのようなことはありませんか?サイレンサーやバッフルを上手く使うことでバイク用マフラーに消音効果を持たせることが可能なのです。その方法や費用対効果を知りたいと思われませんか?

バイク用マフラーに消音効果を持たせるには

バイク用マフラーに消音効果を持たせるには、やはりサイレンサーの設置が欠かせないでしょう。バイクのマフラー音の消音だけを追求することはナンセンスですから、装着された全体を見て美しさやバイク全体のフォルムとの融合感も考慮に入れたいものですね。

軽量化と魅力的なサウンドを併せ持つサイレンサーは人気です!

排気音を小さくするパーツでマフラ―のパーツの一部となっており最後部についているサイレンサーはバイクのマフラー音の消音効果をしっかりと果たしてくれます。バイクのマフラー音の消音高価だけではなく外見も左右するだけに選ぶ時には慎重を期したいと思われるでしょう。

バイクのマフラー音の消音効果を発揮しつつレースなどでも効果を発揮するようにチタンで設計されたサイレンサーもあります。

サイレンサーの取り付けには穴あけ加工が必要になるケースも出てきます。

サイレンサーはバイクのマフラーに取り付けられる消音装置

それでバイクのマフラー音の消音を期待してサイレンサーを購入したもののバイクのマフラー音の消音のためにマフラーに穴をあけるのが果たして賢明なことかどうかを考慮しておくことをお勧めいたします。

バイクのマフラー音の消音のためにサイレンサーを付けて、さらにバッフルを装着することによって消音効果と同時に音量を下げることもできるようになります。

サイレンサーにバッフルを取り付けることもできます♪

ただし費用としてはやはりフルチタンのサイレンサー付きのマフラーを購入するとなると1本あたり60000円ほどの出費は覚悟しておかなければならないでしょう。

バイク用マフラーにインナーサイレンサーという消音装置を付けると

ただし、そこまで外観や性能にこだわることなく、一般的なサイレンサーでも良ければインナーサイレンサーというタイプがあります。

レーシングサイレンサーはレーシングタイプのバイクに搭載することをメインに考案されています。

これは金属部分に出っ張っている箇所を排気部分に緩衝させることで消音するタイプです。価格は600円~とかなり安い価格設定となっています。

これによってバイクのマフラー音の消音が期待できるなら嬉しいことですね。ただしバイクのマフラー音の消音を求めてサイレンサーを取り付ける場合にはサイレンサーによって排気に抵抗が生まれますので、その結果、最高速が出にくくなるという可能性があります。

ショットガンをイメージした独特なフォルムのスーパーショートサイレンサーです

バイク用マフラー音を消音させるデメリット

その点はサイレンサーを付けるデメリットとして事前に予測しておくと良いでしょう。バイクのマフラー音の消音は好みの音にすることとバランスをとるのは難しいことでしょう。バイクのマフラー音をそもそも消音したい場合に好みの高さや音量を求めるためにはやはりそれなりのサイレンサーと取り付け技術が必要になります。

バイクのマフラー音の消音はなかなか初心者にはDIYが難しいジャンルかもしれません。それでバイクのマフラー音の消音をお求めなら専門店へ依頼することをお勧めいたします。

サウンドにこだわりをもって制作されているサイレンサーです。

バイクのマフラー音の消音のためのサイレンサーは汎用品として多くのラインナップがあります。オールチタン製で60000円を超えるものから一般的なサイレンサーでしたら数百円から数千円するものも多く存在しています。

バイク用マフラーに消音効果をどこまで期待できるか

バイクのマフラー音の消音を期待して付けたものの純正のマフラー音とそう変わらないという場合もあるでしょう。ですから決して見栄えだけでバイクのマフラー用サイレンサーを購入すると、思っていたほど消音ができない場合があるかもしれません。

サイレンサーも20万円を超える高額なものまで幅広く存在しています。

それでどの程度の消音が期待できるのか数値(デシベル)を知っておくことも必要になります。
バイクのマフラー音の消音がなされれば、必要以上に周囲への影響を気にすることなく走行することができるでしょう。

バイクのマフラー音の消音効果によって閑静な住宅のある通りを走行する際にも安心することができるでしょう。

バッフルは着脱が容易にできます。見栄えもかなり変わりますね。

バイク用マフラーに消音装置を付ける まとめ

いかがだったでしょうか?

バイクのマフラー音の消音にはサイレンサーを導入することが一般的です。バイクのマフラー音がそれによって消音されることははっきりしていますが、そのマフラー音がどの程度消音されるかはサイレンサーの質やそもそものバイクの排気量などによっても異なります。

インナーサイレンサーを取り外している場面です。簡単に着脱できます♪

バイクのマフラー音が消音されることによって得られるメリットと最高速度の低下といったデメリットもありうる点を考慮に入れてバイクのマフラー音を消音させるかどうか検討すると
良いかもしれません。

1

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ